こちらは、泡と金色の雲母の入ったガラスです。泡入りのガラスを作るためには、ガラスの間に重曹パウダー(純度100%)を使用します。

また、重曹は入れすぎるとお餅みたいに膨れてしまうため、1枚ガラスの間に指でほんのちょっとだけまぶします。加減次第なので、ほぼ勘と慣れです😅
まぶし終わったら、さらに上にガラスを載せ、挟み込みます。
え、こんな風になっちゃった!って時もあって、毎回泡の入り方が違うのでそれはそれで楽しい作業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA